夏服レディースマガジン

夏コーデの流行ファッション情報!

カジュアルダウンなら20代の夏らしいコーデに仕上がる

   

夏コーデというと、どのようなコーデを思い浮かべるでしょうか。もちろんイメージするものは人それぞれ違うでしょうが、「夏」というとすっきりとしたシルエットの、比較的シンプルなコーデが人気ですよね。

それはもちろん、気温が高くて暑いというのもあるのでしょう。凝ったデザインの服や重ね着はとても暑いので、できるだけシンプルでおしゃれに見えるアイテムを利用する人が増えているのです。

そうなると、ファッションの傾向としては「カジュアル」なコーデが多くなるでしょう。カジュアルなものは「子供っぽい」というイメージがありますが、20代になったらほどよく「カジュアルダウン」してすっきりとまとめていきましょう。

ここでは、トレンドのファッションやカジュアルなコーデの「カジュアルダウン」の仕方についてお話ししていきたいと思います。

トレンドの白デニム+ぺたんこサンダル

今年の夏のトレンドアイテムのひとつに、「白デニム」があります。カジュアルコーデの定番ともいえる「デニム」ですが、この夏は爽やかな「白」が人気です。デニムに限らず、白のアイテムはこの夏大人気ですよね。

デニムも、ダメージ加工の施されていないシンプルなものならそこまでカジュアルには見えません。夏なので、膝下までのサブリナ丈がおすすめです。ワイドなデニムやボーイズデニムも最近人気がありますが、ここでは体のラインに沿った女性らしいデザインのデニムを選びましょう。サブリナ丈の白デニムの裾をロールアップするのも可愛いですね。

そんなカジュアルなアイテム「デニム」をカジュアルダウンするには、ぺたんこサンダルを合わせましょう。デニムにスリッポンなどのスニーカーもしっくりきますが、カジュアルさをほどよく抑えるためには「ぺたんこサンダル」がベストアイテムなのです。
ビジューのついたものもいいですね。

カジュアル感を抑える膝丈スカート

夏のボトムには、ミニスカートやショートパンツなど「足を見せるもの」も多いです。そしてこのような足を見せるボトムはカジュアルなものがほとんどですよね。

カジュアルさをダウンしつつ夏っぽいイメージを残すためには、どのようなボトムを選べばいいのでしょうか。

おすすめは「膝丈スカート」です。
昨年秋ごろから、膝下あたりまでの長さのあるミモレ丈スカートが流行しました。みなさんも覚えていますよね?ミモレ丈スカートも夏でも重宝するアイテムなのですが、ここでは「ほどよくカジュアルダウンできるアイテム」を紹介していますので、ミモレ丈スカートではなく「膝丈スカート」とします。

特に今年の夏のトレンドには、「膝丈のタイトなデニムスカート」があります。先ほど紹介したのは「白のデニムパンツ」でしたが、ここでは白ではなく「濃い色」のスカートをおすすめします。

デニムである以上カジュアル感はありますが、膝丈のタイトなデザインであるため、ほどよくカジュアルダウンすることができるのです。

トップスは「ゆるめ」のデザインが良い

ほどよくカジュアルダウンするためには、トップスはふんわりとしたゆるめのデザインのものがおすすめです。フリルのついたブラウスやオフショルダーのカットソー、ギンガムチェックのシャツなどはいかがでしょうか。

特にチェックのシャツはカジュアルかつガーリーな印象を与えられるのでおすすめです。ふわっとゆったりと着て、シャツの裾をボトムにインしてください。デニムに合わせたベルトを見せることで、夏らしいコーデに仕上がります。

カジュアル感ばかりを全面に出してしまうと、どうしても全体の印象が子供っぽくなってしまいます。20代というのは、「大人っぽさ」を出したい年代でもありますから、ほどよくカジュアルダウンして20代ならではの夏コーデをしてくださいね。

 - 20代のレディースファッション