夏服レディースマガジン

夏コーデの流行ファッション情報!

おしゃれな40代におすすめしたい夏コーデのポイントとは?

   

40歳になって、「自分のからだの変化」に驚いた経験のある人もいると思います。見た目に関するものだと、太りやすく痩せにくくなったり、脂肪がたるんだりする他、シミやシワが増えるなどもあります。

そうなると、肌の露出の増える「夏コーデ」は非常に困りますよね?いつも同じようなコーデになってしまう、年相応のファッションアイテムでおしゃれにコーデしたいなど、「夏コーデ」に対して思うところは人それぞれちがうことと思います。もちろんファッションは好みも重要なので、「40代だからこれはダメ」というようなものではありません。とはいうものの、やはり「年齢に合った相応しいコーデ」というのがあると思うのです。

そこで、ここでは、おしゃれな40代におすすめの「夏コーデ」のポイントについて、お話ししていきたいと思います。

40代は「トレンドをさりげなく」取り入れる

ファッションにおける「トレンド」というのは、その年に流行しているアイテムのことをいいます。今年の夏の傾向でいいますと、「レトロフェミニン」な印象のアイテムが人気ですね。

0代というのは、「大人の女性」です。
トレンドばかりを取り入れたファッションよりも、「さりげなく」トレンドを取り入れるようにしましょう。そのほうが大人っぽく上品なコーディネートになるからです。

この夏はレトロフェミニンが人気なので、レトロな柄のトップスは取り入れやすいですね。また、昨年秋ごろから人気の「ミモレ丈スカート」や「ワイドパンツ」は、40代でも取り入れやすいアイテムなのでおすすめです。肌の露出が苦手な人でも、ミモレ丈スカートやワイドパンツで「少しだけ」足を見せることで、上品な女性を演出することもできますよ。夏コーデにも、ぜひ取り入れたいアイテムのひとつですね。

40代は「地味になりすぎない」ようにする

40代になると、多くの人が「ブラック」「グレー」「ブラウン」などの暗めの色を選ぶようになります。明るい色が似合わなくなったと感じる人が多いようですが、決してそんなことはないのです。

上記のような「暗めの色」は、誰にでも似合う色、いわゆる無難な色でもあります。しかしおしゃれな40代になるためには、「地味になりすぎない」ことが大切です。
このような無難な色のみでのコーデは、はっきり言って夏には不向きです。その上暗い色ばかりで地味になってしまうと、若々しさがなくなって老けた印象を与えてしまうのです。

ですから、あえて白やイエローなどの明るい色を使ってコーディネートしてみましょう。白は今年のトレンドでもあるので、積極的に取り入れたい色でもありますね。
トップスやボトムスに明るい色を使うことにどうしても抵抗のある人は、ショールやバッグ、靴などの小物で明るい色のアイテムを使うといいと思います。明るい色といってもピンクやオレンジといったビビッドカラーではなく、淡い色のものにすると、40代でもしっくりまとまりますよ。

40代は露出を控えて「縦のシルエット」を強調する

夏というと「肌の露出」が増えます。しかし、40代の夏コーデではあまり肌を露出しすぎないようにしましょう。腕を出したら足は出さないなど、肌を露出するのは1ヶ所のみにします。あまり肌を露出しすぎるのは、やはり40代に相応しいコーデとは言えませんね。

そして、40代になると体型が気になる人も多くなることでしょう。そこで、夏コーデでは特に「縦のシルエット」を強調するときれいにまとまります。ボーダーよりストライプ、ロングカーデなどがおすすめです。ひとつひとつのアイテムより、全体のバランスを重視してコーディネートすることを忘れないでください。

トップスをゆったりとしたものにしたらボトムはきちっとまとめるなど、上下でメリハリをつけることも大切です。

「おしゃれな人」というのは、何歳になっても輝いて見えるものです。きれいな40代でいるためにも、ポイントを押さえた夏コーデを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

 - 40代のレディースファッション